マイナビエージェントの評判を徹底検証。満足度の高い転職エージェントの特徴とは?

マイナビエージェントの非公開求人が多いのはなぜか

転職エージェントなどを見ていると、非公開求人という言葉を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
「非公開」というだけで何だか気になりますよね。非公開求人とはその名の通りマイナビエージェントの会員にしか公開されない求人情報です。

では「非公開求人」と「公開されている求人」にはどのような違いがあるのでしょうか?また、なぜ求人を非公開にする必要があるのでしょうか?ここでは、マイナビエージェントでよく目にする、非公開求人について紹介したいと思います。

非公開求人とは?

「非公開求人」とはマイナビエージェントに登録している人にしか公開されない求人のことです。
みなさんもよく目にすると思いますが、実はマイナビエージェントの80%~90%は非公開求人と言われています。公開されている求人のほうが少ないと言うことです。ですので、インターネットで見る求人はごく一部なのです。
そのため、探してもなかなか求人が見つからない場合でも、登録すると理想の求人に出あえることもあります。

非公開求人と公開求人の違い

では非公開求人と公開求人の違いを見てみましょう。
公開求人は求人を行う企業側が直接的な窓口となって応募者の問い合わせ応対から書類選考、面接等を行います。また非公開求人はマイナビエージェントを運営している人材紹介事業者が求人を行う企業と応募者の間に入り、一次的な窓口となります。
公開求人にすると、志望度の低い人から高い人まで多くの人が応募してくるので、書類選考をして合否の連絡をするだけでも相当な手間となります。そのような状況を避けるために「非公開求人」にして応募できる人を絞るのです。

一方「公開求人」とされるのはたくさんの人を採用したい場合や、経験者よりも意欲のある人を採用したい場合です。この他にも求めるスキルに合う人がおらず、少しでも多くの応募者を得たい場合にも公開求人となる場合があります。

非公開求人の情報を得るには

非公開求人の情報を手に入れるためには、まずマイナビエージェントに登録しましょう。プロのコンサルタントに経歴や希望する条件などについて相談すれば、あなたにぴったりの求人を紹介してもらえます。
登録利用は無料で利用しても料金は一切発生しないので、活用することをオススメします。

非公開求人が80%~90%の理由は業務の効率性だった

企業側が非公開にする理由をみてみましょう。

応募の殺到

人気求人はすぐの応募が殺到し、採用担当者は書類選考や面接などに相当な時間と手間がかかります。非公開にすることでマイナビエージェント側で選考を通過する可能性のある人を絞ってもらえれば、業務負担を減らすことが出来ます。
応募者が入社が決まるまでは企業側に費用は発生しませんので、採用に関する業務を行ってもらったほうが時間を人件費もかからずに効率がいいのです。

新規事業・事業拡大を他社に秘密に

企業側が求人募集を出すときは人手不足か事業拡大。
求人情報を公開することによって今後の企業の情報やプロジェクトなどが競合他社に知られてしまう可能性があります。他の人に知られずに非公開求人として、マイナビエージェントのコンサルタントに候補者を探してもらうのです。

リストラなど社内計画を秘密に

もし求人であなたのいる会社のポジションが求人にでていたらどう思いますか?また違う社員のポジションの求人を見かけたら?いろんな噂が流れて、会社が混乱、社員がやる気や意欲をなくしてしまうかもしれません。そのような混乱をさけるためにも、非公開求人として出しているのです。
また公開求人で同じポジションの求人を出していると年収なども知られてしまう可能性があります。

こういった点をふまえて、必ず登録して非公開求人を紹介してもらい内定がもらえる可能性の高い求人に出あいましょう!

マイナビエージェントのサービスの最新記事

マイナビエージェントの満足度が高い3つの理由

転職エージェントを選ぶうえで利用者満足度も大変重要なポイントですよね。 満足度の基準は人によっ…

大手マイナビエージェントで30代が利用するメリットとは

30代は働く中で、最も仕事が楽しめる年代と言われています。社会人として、一定以上の経験を積み、成…

大手マイナビエージェントで20代が利用するメリットとは

20代で転職を考えているけど、どう転職活動をしていいのかわからないという方は多いと思います。経験…

「紹介する求人がない」と他で断られた人はマイナビエージェントがオススメ

転職エージェントに登録したけど「紹介できる求人がありません」と断られた!という方も実は少なくな…

選ばれる職務経歴書の書き方とは

就職活動を始めると、履歴書や職務経歴書の書き方に悩まれる方が多いはず。 昔はすぐ面接をしてくれ…