マイナビエージェントの評判を徹底検証。満足度の高い転職エージェントの特徴とは?

マイナビエージェント良い評判悪い特徴ガイド@転職エージェント

転職エージェント人気ランキング

マイナビエージェントは、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営するマイナビの人材紹介サービスです。

マイナビ転職などの転職情報サイトとはサービスが異なり、それぞれの特徴を理解することで、サービスを有効に使うことができます。特徴としては、全体求人の約8割が非公開求人であるということです。丁寧で親切と評判があります。

転職エージェント人気ランキング

マイナビエージェント

マイナビだけの独占求人が多く、サポート力があるため満足度が高い!

求人の質 ★★★★★
サポート ★★★★☆
サービス ★★★★☆
オススメ度 ★★★★★

マイナビエージェントは、国内最大級の転職支援実績を持つマイナビが運営する、総合型の転職エージェントです。企業と人事採用担当者との間には太いパイプを持ち、全体の8割を非公開求人としながらマイナビしか出していない独占求人を多く扱っていると有名です。登録数は若干少なめですが、その分、転職希望者ひとりひとりに時間をかけてくれるので満足度が高く人気です。
業界・職種別に専任制のチームを編成しそれぞれ深い知識を持つことで、利用者の潜在的なニーズを引き出しつつ、しっかりとアドバイスしてくれます。

詳細はこちらから

リクルートエージェント

転職業界きってのNo.1

求人数、転職成功実績ともにNo.1のリクルートエージェント。日本全国
どの地域も網羅しているため、知名度が高く企業側から求人依頼をしてくることもあるそうです。

BIZREACH(ビズリーチ)

選ばれた人だけの会員制転職サイト

国内最大級のエグゼクティブ向け会員制転職サービス。
厳正な審査基準をクリアした一流ヘッドハンターが直接スカウトしてくれます。

 

転職エージェントに非公開求人が多い3つの理由とは

・求人を公開して募集する時間がない
・企業の人材採用における事務コストの低減
・極秘プロジェクトや事業戦略に関わる人材採用

まず、公開している時間がないというのは、急な異動や退職による欠員補充を行う際、時間をかけていられないということ。転職サイトでは求人公開まで日数を必要とすること、公開後も求職者側のアクションを待ったりなど面倒なこともあります。
その為、即効性が求められている求人の多くは、転職希望者が登録している転職エージェントに依頼されることがあるのです。

また、求人情報を非公開にする理由としてあげられるのが、極秘プロジェクトの人材採用を探す時です。極秘プロジェクトに表立ってスタッフ募集!というわけにはいきません。他に極秘プロジェクト以外にも事業戦略に直結するものもあり、競合他社に知られたくない重要な案件も多数あります。
このようなケースでは、採用を行なう企業が一般向けに情報を公開したくないという思惑があるのです。

非公開求人には、企業にもメリットはあります。数千にも及ぶ応募の履歴書の中から、採用基準と照らし合わせて選考を行なうには大変大きなコストがかかります。転職エージェントに企業が希望する人材の基準を伝えておくことで、事務コストが低減できるのです。

マイナビエージェントの特徴

マイナビエージェントは、転職情報サイトマイナビや転職情報サイトマイナビ転職などを運営するマイナビの人材紹介サービスです。全国に配置された営業担当が、大手企業から隠れた優良企業までの接点があり、そんなマイナビだからこそ提供できる転職支援サービスがあります。

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは専任制です。求人には載らない、社風、職場環境、同僚の人柄などの情報もしっかり確認してくれます。市場、企業のことを精通しているので、転職される方で気になるポイントがあれば、アドバイザーに聞いてみるのもいいかもしれません。

マイナビエージェントとマイナビ転職の違い

 マイナビエージェントマイナビ転職
掲載されている求人数全体の求人の内、約8割が非公開求人。幅広い業界の求人を多数掲載している。
転職活動への支援専任のキャリアアドバイザーが、求人をご紹介。書類の添削、面接対策、スケジュール調整などもサポート。求人を探し、気になる求人を見つけた場合、自分で直接応募することが可能。サイト内にある転職活動ノウハウなどの豊富なコンテンツも参考にできる。
手続き・気軽さ登録後、キャリアアドバイザーとの直接面談か電話面談がある。希望企業、職種、条件などヒアリングし、自身に合った求人をご紹介。自身で気軽に求人情報を検索することができる。会員登録も手軽にできる。
応募・交渉手続き希望を考慮し、マッチした求人をご紹介。希望の求人への書類応募、面接日程の調整や条件交渉などは全て代行してくれる。サイト上に職務経歴や自己PR、志望動機などを登録することで、複数の気になる求人情報にも、すぐにアプローチが可能。
アドバイス・カウンセリング担当のキャリアアドバイザーがカウンセリングを行い、キャリアを診断し、自己PR、履歴書・職務経歴書などの応募書類一式についても客観的にアドバイスしてくれる。サイト上に登録した職務経歴をプロのキャリアアドバイザーに無料で添削を受けることができる。
企業情報の収集どうしても聞きづらい質問や転職に際しての不安などはキャリアアドバイザーに相談することで解決する場合もある。求人票に書いていない情報も収集することができる。多数な求人を所持しており、多数の企業情報を収集することができる。
転職活動期間一般的な活動期間は1~2ヶ月ですが、自身のペースに合わせてサポートしてくれる。企業への応募、面接日程の調整など全てご自身で進めていただくため、自身のペースで転職活動を進めることができる。スケジュール管理は自己管理なので要注意。
スケジュール管理企業への応募や面接の日程調整など、てキャリアアドバイザーが行う。気になる求人へはご自身でアプローチできる。書類応募、面接日程調整などは、自身で管理する必要がある。
転職成功率スムーズな転職活動が可能。キャリアアドバイザーと対面はしないが、ウェブから転職ノウハウを知ることができ、ご自身で転職対策を行なうことができる。

マイナビエージェントとマイナビ転職どちらを使うべき?

転職エージェント(マイナビエージェント)をおすすめする人
・転職活動を効率よく進めたい
・転職への不安や悩みを解決したい
・スケジュール管理をしてほしい
・キャリアを見つめ直したい

転職サイト(マイナビ転職)をおすすめする人
・多くの求人の中から自分で探したい
・自分のペースで転職活動をしたい
・気軽に求人情報を検索したい
・未経験へも挑戦できる

大手マイナビエージェントで受けられるサービス

マイナビエージェントでは、まず面談を行い、キャリアやスキル、パーソナリティー、将来のキャリアプランなどを考慮して、求人紹介を行なっていきます。面談を行なうキャリアアドバイザーは専任制で、特定の業種や職種に精通した専門のプロです。求職者一人ひとりの不安や疑問を解決しながら、サポートをしてもらえます。
もちろん、職務経歴書や応募書類の添削、面接対策も徹底して行なってくれます。
豊富な添削経験をもつアドバイザーが客観的な視点でアドバイス、人事担当者にしっかりとアピールできる書類を一緒に作成してくれます。らに、面接の基本的なマナーや質問に答える際の注意点なども的確に指導、模擬面接で実践的な練習も行ないます。応募先によっては、過去実際に問われた内容を把握できることによって万全の対策で本番に挑むことができます。
内定が決まっても入社日まで徹底的にサポートしてくれるのがマイナビエージェントのすごいところです。サービスは全て無料で、費用が一切かからないのもうれしいですね。

マイナビエージェントにデメリットはあるのか

業界専任のキャリアアドバイザーが転職をしっかりとサポートしてくれるマイナビエージェントですが、
デメリットはあるのでしょうか。

キャリアアドバイザーはアタリ、ハズレがある
マイナビエージェントでは、新卒でコンサルタントとして所属している人もいる為、業界の経験が乏しく、
思ったより十分なサポートを受けられないということもあります。
自分にあっていない、不満があると思ったら、早めに担当を変更してもらいましょう。

大都市以外の求人が少なめ
関東・東海・関西・九州地方の求人は豊富にありますが、
それ以外の地域の求人はあまり豊富ではありません。

マイナビエージェントの登録方法と流れ

1:お申込み
無料転職サポートお申し込みから申込むことができます。
プロフィール、希望条件、職務経歴などを入力していきます。

2:面談の案内
登録した情報を確認後、面談(キャリアカウンセリング)の日程をメール又は電話で案内してくれます。

3:面談・求人の紹介
業界専任のキャリアアドバイザーが、これまでの経験や希望を聞き、その後、性格や将来のキャリアプランも考慮した上で、「非公開求人」を含む求人情報の中から、自分に合った求人を紹介してくれます。

4:応募・面接
応募する企業が決まったら、キャリアアドバイザーが応募の手続きをしてくれます。
応募書類の添削や面接対策などもサポートしてくれます。

5:内定・入社
内定・入社が決まった後に必要な交渉もキャリアアドバイザーが代行してくれます。
自分から言いにくい条件や入社日、また退職の交渉なども相談して下さい。

5:アフターフォロー
転職成功後も長期的にキャリアアップを支援してくれます。
キャリアについて悩みが生じたら相談にのってもらいましょう!

マイナビエージェントの電話面談とは

転職エージェントに登録すると必ずあるのが面談です。
しかし、在職中にエージェントのオフィスでの面談時間を確保するのは難しいものですよね。
このような場合、直接面談ではなく電話面談ができたら助かりますが、実際マイナエージェントでは電話面談ができるのでしょうか?

マイナビエージェントでは、電話面談でも可能です!
マイナビエージェントは全国の方から利用いただいている為、地方在住の理由で直接面談が困難な場合でも、
面談はもちろん、求人の紹介やサポートまで、主にメールや電話で行なうことができます。
WEBから希望条件を入力する際に、来社できないことを記載しておくといいでしょう。
しかし、なんとか予定を調整できるのであれば、直接面談をおすすめします。
実際に対面して話をすると、素直な気持ちを話せるものです。
キャリアアドバイザーに本音を伝えることで、その後の転職活動におけるミスマッチを減らせるメリットもあります。
また、WEB上や電話で把握しきれなかった魅力も直接確認することがよりよい求人を紹介してくれるメリットにもなります。

マイナビエージェントの職務経歴書5つのポイント

職務経歴書は、企業に対して自分をアピールする手段です。
履歴書と違い、職務経歴書はファーマットが決められていない為、自分の魅力を伝えやすいと言えます。
目指す企業に合わせたアピールポイントを記載することで、書類審査の通過率は大幅にアップ!
では、自分の魅力を最大限に伝えるための、書類作成に欠かせないポイントをご紹介します。

・職務経歴書はパソコンで作成したほうが見やすい
・過去の実績だけでなく、これからの展望も記述する
・退職理由についてはポジティブな内容を心がける
・読みやすいレイアウトや文字サイズを意識する
・読み手おを意識し、全体のバランスが良くなるように情報を盛り込む

上記のポイントは必要最低限におさえたポイントです。
採用担当者の目に留まりやすい、読みやすい、そして興味を持ってもらいやすいポイントとなります。
自分で洗練した職務経歴書を作成したい場合は、マイナビエージェントの職務経歴書の中に「押さえておきたい職務経歴書の基本」というのがあるので参考にして下さい。

マイナビ新卒紹介の評判

マイナビ新卒紹介とは、株式会社マイナビが提供している転職エージェントサービスの一つです。
就職情報サイトのマイナビは自分で求人を探すサービスとなっていますが、マイナビ新卒紹介では、キャリアアドバイザーが一人ひとりにあった求人を紹介し、アドバイスもくれます。
「新卒紹介サービス」は「転職エージェントサービス」と呼ばれることもあります。

マイナビ新卒紹介とマイナビの違い
まず、紹介する企業は、マイナビ新卒紹介との信頼関係が構築できている企業ばかりです。
その為、マイナビ新卒紹介の推薦枠で選考に応募することができ、自分で応募するよりも選考回数を減らすことができます。また、大学の推薦との併願も可能です。
気になる求人の種類や求人数ですが、マイナビ新卒紹介からしか受けられない非公開求人に応募することができます。
倍率の高い求人だけでなく、隠れた優勝企業に応募することもでき、人気があります。

マイナビ新卒紹介を活用するメリット

キャリアカウンセリング
マイナビ新卒紹介では、経験豊富なキャリアドバイザーが私たちの経験や志向性から、
良さや可能性を再発見できるようなキャリアカウンセリングを実施しています。

非公開求人の紹介
求人は非公開求人を中心に紹介してくれます。
マイナビ求人からしか受けられない求人も多数あります。

リアルな採用情報の提供
面接の合否理由は知りたくても私たちの耳に届くことはありません。
しかし、マイナビ新卒紹介では、企業に対して採用コンサルティングを行なっており、採用活動そのものを企業と一緒に行なっています。だからこそ、リアルな情報を私達に伝えることもできます。

セミナーや研修の受講
マイナビ新卒紹介では、若手育成研修も実施しています。
時期に合わせたセミナーや研修、書類。面接対策を受講することができます。

求職者が転職エージェントを選ぶ時のポイントとは?

ポイント1:キャリアアドバイザーの専門性
転職エージェントを利用するときの大きなポイントはキャリアアドバイザーの力量です。
アドバイザーの力量によって、人生が大きく左右されてしまう可能性もあると考えたら、
ある程度、専門性の高いアドバイザーがいる転職エージェントを選ぶことは重要なポイントです。
ポイント2:非公開求人
転職エージェントの魅力は何と言っても非公開求人です。
転職エージェント選びに迷ったら、非公開求人数や公開求人との比率をチャックして見極めるといいでしょう。
ポイント3:サービスの充実度
個人によって求めるサービスは違いますが、どれくらい充実しているかは一番、選ぶ時のポイントになります。
どこまでサポートを受ける事ができるのか、事前に確認して、安心して転職活動を行なえる転職エージェントを選ぶこともポイントです。
ポイント4:自分に合っている転職エージェントを選ぶ
どんなにサポートが充実していて、アドバイザーのスキルが高く、非公開求人や公開求人がたくさん掲載されていても、その転職エージェントと合わなければ転職活動自体が苦になってしまいます。
しかし、どこの転職エージェントが合っているのか、外から見ただけでは判断ができません。
その為、できればいくつかの転職エージェントを同時に活用して判断してみるのもいいでしょう。

転職エージェントを使わないほうがいい人とは?

転職エージェントは、現職からのキャリアアップ、現職から自分に向いている業種へ転職するといったサポートをするサービスです。
「どこでもいいから転職したい」という方には不向きだと思って下さい。
「なんでもいい」「どこでもいい」と言われると、紹介するエージェントは非常に困ってしまいます。
でもよく考えてください。転職したいと思っている人は、必ず何かしら理由があるはずなんです。
土日が休みたい、給料を今より上げたい、定時に帰りたいと希望を持つというのは悪いことではありません。
そういった希望を叶えてくれて、いろいろ提案してくれるのが転職エージェントなんです。

転職エージェントの素朴な疑問

「転職エージェント」、現在ではとてもよく耳にすると思いますが、
実際どんなものか詳しいことはよく分からないという方、多いと思います。
転職エージェントで転職を考えている人の素朴な疑問にお答えしたいと思います。

Q:無料が多いのはどうして?
A:その答えは、採用企業側が成功報酬でお金を払っているからです。
会社が良い人材を集めるのはとても大変なこと。
人材紹介経由だと、採用条件にあった人を高確率で紹介される為、書類選考や面接で人材と時間を使わなくてすみます。

Q:複数の転職エージェントに登録することは可能?
A:登録する転職エージェントによって自分との相性もあります。
登録したのに正直、期待はずれということも・・・。
そのため、一社だけではなく、複数登録して様子を見ている方が多いようです。

Q:転職エージェントとの面談がとても不安
A:転職エージェントとの面談は転職サポートの1つでもあるので、まず安心してください。
簡単にいうと、お互いの自己紹介や転職の進め方について話し合っていきます。
面談をするからといって、必ずしも絶対に転職しなくてはならないという訳ではないので、安心して下さい。
口コミでもすごく対応がいいと評判があります。悩んでいるなら転職エージェントに登録して、これを機会に具体的なお話をじっくり聞くのもいいですよ!

Q:どんなことでも相談してもいいの?
転職に関する疑問や不安に思ったことがあればどんなことでも積極的に相談して下さい。
書類の作成で、「どんなことを書いていいのか分からない」「こんな時はどうしたらいいのだろう」という質問があれば、アドバイザー、自分の担当者に相談してサポートしてもらいましょう!親身に話を聞いてくれます。

Q:転職活動期間ってどれくらい?
一般的な転職活動期間は1~2ヶ月ですが、一人ひとりのペースに合わせてサポートをしてくれます。

大手企業と中小企業、転職エージェントの違い

よく、「大手」「中小」と聞きますが、何が違うのか気になりませんか?
転職するにあたって違いを分かっておかないと、後々後悔することもありそうです。
違いについてご紹介します。

大手転職エージェントのメリットデメリット

大手と呼ばれる転職エージェントは、実は数社しかありません。他の転職エージェントは中小規模の転職エージェントということになります。
大手の転職エージェントの最大の特徴は、求人数が豊富ということです。これは中小規模の転職エージェントでは真似ができません。求人の数が多ければ、それだけ応募できる企業が増え、内定する確立も上がります。
求人をたくさん集めたいのであれば、大手転職エージェントに登録するのは必須です。
また、大手の転職エージェントでは数多くの転職者を扱う為、エージェント側も多くの人材が必要になります。
その為、ミスや漏れをなくすために、社内体制の強化、システム化を行なうことが多いです。
登録者や求人をシステム化することで、複数のキャリアアドバイザーが情報を共有することが可能になります。
また、企業の求人情報もシステム化することによって、転職者の方にすぐに紹介することができます。
では逆にデメリットはないのか・・・
大手転職エージェントの最大の特徴はメリットでもご紹介したように「求人数」です。
求人数が豊富な分、必ずではないのですが、転職支援の質が下がることもがあると言われています。
大手転職エージェントでは、1人のキャリアアドバイザーが数十人の転職者を受け持つこともあり、転職者に対しての支援が流れ作業的な支援になってしまうことも珍しくありません。
求人の数には申し分ないのですが、転職支援に関して不安を感じている方もいるようです。

中小規模の転職エージェントは専門特化型が多い?

大手に比べて多いのが中小企業の転職エージェントです。
中小企業の転職エージェントは、専門性に特化しており、手厚いサービスを行なっています。
実際、どのように特化しているのでしょうか・・・。

業界特化型
IT、金融、メディカル、電気電子、自動車関連など
職種特化型
管理部門系、エンジニア、営業・マーケティングなど
外資系特化型
外資系企業(特に英語がキーワードとなっている)
ベンチャー企業特化型
企業知名度が低く採用に苦戦するベンチャー企業だからこその特化サービス
エグゼクティブ特化型
年収1500万以上の人材に特化したサービス
その他
女性に特化、シニア層、第二新卒など

中小規模の転職エージェントは、転職希望者の登録数が大手より若干少ない為、一人ひとりを大切にする傾向があります。また、専門特化した企業だと、専門知識をもったコンサルタントがおり、業界ならではの納得いく適切なアドバイスがもらえます。

ブラック求人が多い業種、職場とは?

ブラック企業とは、度を超えた長時間労働やノルマ、業務とは無関係な研修やパワハラ、セクハラなどで肉体・精神を追い詰め、戦略的に「自主退職」へと追い込む企業のことを言います。
ブラック企業の求人案件の特徴をご紹介します。
・未経験歓迎
・みなし残業○時間
・やるき次第で年収アップ

特に経験がなかったりスキルがないと、転職サイトや転職エージェントでブラック企業をごり押しされる可能性もあります。しかし大手のエージェントは、信頼していい程ブッラク企業の求人はありません。
優秀なエージェントほどヒアリング、説明をしっかりとしてくれて、大手ホワイト企業と関係が強いです。
経歴がない状況でも大丈夫です。

転職エージェントを使わない転職方法

転職エージェントを使わずに転職をすると不利になるのか・・・結論をいうと、とても不利になります。
転職エージェントを使わないで転職するときのデメリットを紹介します。

手続きはすべて自分でしなくてはならない
転職エージェントでは、面倒なことは全てアドバイザーが代わりにやってくれます。
本番面接意外で企業と直接やりとりも転職エージェントでは可能ですが、一人で手続きをするとなるとやりとりもほぼありません。自分一人で転職活動をする場合は、なるべく対策を練ってからする方がいいでしょう。

一人で書類の内容を考える必要がある
転職エージェントを利用すると、自分では気付くことがなかったPRポイントやプロのアドバイザーからのアドバイスを無料で受ける事ができます。一人で転職活動をする方は、それに勝るものを作らなくてはいけません。

公開されている求人しか知ることができない
転職エージェントには、転職サイトや企業のホームページには掲載されていない非公開求人を大量に保有しています。非公開求人とは、表立っては募集できないが、何人か採用したい企業が、転職エージェントに依頼するものです。
給料やポジションなどが良い傾向にあります。

年収の交渉や聞きづらい質問がしにくい
年収の交渉は自分ではとてもしにくいですよね。タイミング的にもいつ言い出せばいいのか分からず、交渉の余地もないことがほとんどではないでしょうか?転職エージェントは聞きづらい質問を代わりに聞いてくれて、とても便利です。少しでもいい条件で転職していのであれば、転職エージェントを使うことをおすすめします。

転職エージェントは担当者で大きく左右される

転職エージェントは何社でも登録していいのかとよく質問されますが、少なくとも2~3社は登録したほうがいいという意見もあります。転職エージェントの差に加えて、担当者との相性も考えると、1社に絞って転職活動をするのは危険です。
転職エージェントで転職活動をすると決めたら、全てはアドバイザー次第だと思って下さい。
もし、こんなアドバイザーに当たってしまったら、すぐに担当を変更してもらったほうがいいです。

・業界の知識知らない
・アドバイスが少ない
・連絡がない
・新卒などで転職経験がない

登録してみたけどアドバイザーがイマイチだと思ったら、迷うことはありません。
すぐさま変えてもらいましょう。

休日にも対応してくれる転職エージェント

働きながら転職活動をしようと考えている方はたくさんいますが、平日の忙しい時間に転職活動をするのは大変ですよね。そんな方には、土曜日に対応してくれる転職エージェントがおすすめです。
平日に仕事をしながら転職活動をするよりも、休日に心の余裕を持ってする方が効率もアップします。

会社に知られることなく転職活動はできる?
仕事をしながら転職活動をするなら、最も気をつけたいのが会社へ発覚することです。
平日に転職活動をするには、何かしらの理由をつけて会社を抜け出す必要があります。
これではスケジュールを立てるのも大変ですし、会社からも怪しまれてしまいます。
また、転職先から会社に電話がきてしまったら大変です。
そんな方に転職エージェントはとてもおすすめです。転職エージェントがいるとスケジュールの管理、企業とのやり取りを全て代行してくれます。企業からの連絡も直接くることはありません。
しかし、転職エージェントに登録するにはwebやメールが欠かせません。履歴にはご注意下さい。

企業から休日に面接したいと打診されたら・・・
土日休みの企業が、休日に面接をしたいということはほとんどありません。
ですが、人事担当者に優秀な人材と判断された場合、休日に面談を指定されることもあります。
その場合、面接に自信を持って望んで下さい。
しかし、その反対でちょっと不安なことも出てきます。
「休日なのに面接?労働環境は大丈夫?」「ブラック企業?」疑いも出てきます。
その場合、会社にどれだけの社員が出勤しているのか、不審に思われない程度に社内の雰囲気を観察してみましょう。

もし休日でも面接が難しい場合はどうしたらいい?
いろんな理由から、どうしても休日に時間を作ることが出来ない場合、平日に面接を行なう他ありません。
しかしながら、平日に転職活動を行なっている人は、何かしらの理由で会社を早退したり、有給休暇を得て、転職活動をしているようです。ですが、長期の転職活動の場合、それでは対応できません。
企業もそういった状況を把握している所も多く、最近は平日の夜に面接を調整してくれるところもあります。
お昼や休日にどうしても面接に行けないというのなら、平日に夜にお願いしてみましょう。
それを代行してスケジュールを調整してくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントとの面接、私服で行くのは失礼?

初めて転職エージェントを利用する人は、服装や持ち物で迷うという意見が多いです。
きちんとしたスーツで行くのか、ラフな私服で行くのか、気になります・・・。
では実際、どうなのでしょうか?
現役転職エージェントの方に聞いてみました!

服装で判断はしない?転職エージェントの面接
転職エージェントでは、服装で私達を判断したりはしません。
職務経歴書や持っているスキルが大切で、服装で転職先が決まったりしません。
面接では、転職理由や希望条件などの話をします。次の職場では何を求めているかがポイントになります。
自然体で話せる状態が大事です。服装は二の次です。
様々な業界の転職エージェントに聞いても、服装は全員が私服で大丈夫ということでした。

40代で転職に成功するには?

40代で転職をしようと思ったら、まず、よほどキャリアに自身のある人ではないと転職は厳しいと思われます。
その為、40代の転職では、とにかく求人数を集めて、数多くの求人に応募していくことが成功するコツになります。
また、求人数も多く、信頼できる転職エージェントに登録することや、担当のアドバイザーと優良な関係を築くこともポイントになります。

40代の転職で求められる「管理職スキル」がない場合どうしたらいい?
求人の応募条件によく「管理職経験者」「マネジメント経験者」と書かれています。
自分は条件を満たしていないと、諦めていませんか?
管理職スキルというのは、必ずしも役職についていた経験をさしている訳ではありません。
これまでのキャリアの中で管理職スキルに相当する経験を積んできた可能性もあるのです。

最新記事

30代転職で比較

マイナビエージェント 登録料無料 求人数- 非公開求人数全求人のうち80%が非公開求人 オススメ度★★★★★ マイナビエージェントは、全国の大手上…

20代転職で比較

マイナビエージェント 登録料無料 求人数- 非公開求人数全求人のうち80%が非公開求人 オススメ度★★★★★ マイナビエージェントは就職情報サイト…

マイナビエージェントは使えない?元社員から聞いたマイナビエージェントの利用方法とは

マイナビエージェントが使えないというのは本当でしょうか。使えないとなると利用はやめて他の転職エージェントへ登録し直したいところですが、本当のところはどうなのでしょう。 マイナビ…

マイナビエージェントで電話面談する方法、土日の利用は?

転職エージェントに登録すると面談が設けらます。 転職を考えている方は仕事をしながらの転職なので、時間が作れなかったり、仕事が終わるのが遅いとなかなか転職活動も時間を作るのも難しい…

女性の転職にオススメしたいマイナビエージェント

女性は結婚や出産とライフイベントがあります。ですが特に男性と違い、結婚・出産後の転職は難しくなってきますので将来を見据えて転職を考えなくてはいけません。 そこで女性の転職にオスス…

マイナビエージェントの非公開求人が多いのはなぜか

転職エージェントなどを見ていると、非公開求人という言葉を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。 「非公開」というだけで何だか気になりますよね。非公開求人とはその名の通り…

エグゼクティブじゃない方でもマイナビエージェントを利用できるのか?

転職エージェントっていうとハイクラスな求人しかなくて、エグゼクティブの人専用の転職方法じゃないの?って思っている方も多いんじゃないでしょうか。 そもそも「エグゼクティブ」とは企業…

マイナビエージェントの満足度が高い3つの理由

転職エージェントを選ぶうえで利用者満足度も大変重要なポイントですよね。 満足度の基準は人によって違いますが、マイナビエージェントを利用した人の感想を調べると、マイナビエージェント…

大手マイナビエージェントで30代が利用するメリットとは

30代は働く中で、最も仕事が楽しめる年代と言われています。社会人として、一定以上の経験を積み、成果を上げ、自分の能力やスキルを活かして、仕事ができる時期です。また、30代は多忙を極め…

大手マイナビエージェントで20代が利用するメリットとは

20代で転職を考えているけど、どう転職活動をしていいのかわからないという方は多いと思います。経験が少なく、初めての転職ともなれば不安ばかりで全く上手くいかないという方もいるかもしれ…